面白い中国語

私は私立の女子大に通っていました。
短期大学ではなく、四年制大学だったのですが、四年間のうち、二年間は外国語を二ヶ国語以上学ぶことが必修とされていました。
そこで私は最も需要が高いだろう、中国語と英語を選択していました。
英語自体は中学生時代から授業でありましたし、大学の講義での英語は発音ばかりで、文法などには全く触れずにいたので、やりがいはあまり感じられませんでした。
しかし中国語は習うのが初めてでした。
さすがに「ニーハオ(こんにちは)」や「シェイシェイ(ありがとう)」は知っていましたが、書き表し方は知りませんでしたし、それ以上のことも知りませんでした。
けれど実際に学んでみると面白かったのです。
漢字は日本のものと良く似ています。
漢字自体が中国から入ってきたものなので当たり前かもしれませんが。
しかし、同じ漢字で似たような意味のものもあれば、全く意味の違うものもたくさんあります。
その違いを知るのも楽しかったです。
文法自体は日本の文法とは全く違います。
どちらかというと英語の文法に似ているのではないでしょうか?
例えば「これはペンです。」を英語で書き表すと「This is a pen.」。 中国語で書き表すと「这是笔。」となります。 日本語は「主語+補語+動詞」ですが、英語と中国語は「主語+動詞+補語」です。






What's New

2013/02/22
最新記事3を更新。
2012/11/19
最新記事2を更新。
2012/10/11
最新記事を更新。
2012/05/12
就職に有利を更新。
2012/05/12
初めての方を更新。
2012/05/12
学習方法を更新。
2012/05/12
学ぼう!を更新。
2012/05/12
中国語のニーズを更新。
2012/05/12
ホームページリニューアル

Recommend Entry

興味のあることから

いきなり難しい中国語を覚えようとすると無理があります。覚えやすくするためには、自分の興味のある事柄を勉強してみてはいかがですか?例えば食べ物とかお店とか・・・好きな分野から習得しよう。

冷静に

中国と日本の関係は、今、少し熱くなってきていますね。そんな状況だからこそ、個人や企業の間では、冷静で、確実な対話能力が求められています。中国語を使えるようになりましょう。

高まり

最近の国際情勢によって、中国語の価値はますます高まっているといえるでしょう。少し緊迫した雰囲気があるからこそ、個人同士、企業同士のやり取りでは、ちゃんとお互いの意思を伝え合うというのが、とても重要な事になっているのです。